三又(さんまた)という道具をご存知ですか?

作庭作業においては、重たい石を移動させるものです。

 

本来は、文明の利器であるユニック車(クレーン車)にて吊るして

所定の位置に石を運んだりしますが、

場所によってユニック車が入っていけない所があるんです。

狭かったり、電線が邪魔してたり。。。

 

そんな時に、なんと人力で石を動かす道具なんです。

 

三本足の中心上に、滑車(チェーンブロック)が取り付けてあります。

その滑車に石をもちあげさせるんです、人力で。

 

石を移動させたい方向に中心軸を少しづつ、ずらして

正三角形を保持しながら、滑車で引き上げて、また降ろす。。。を繰り返して

少しずつ移動させます。

30㎝から50㎝くらいしか、1回で進みません。

 

大変な作業ですね。

いつも時代からあるのか知りませんが、先人の知恵ですね。

img_2803

img_2804