Sakura Hanamiseさんへ行ってきました〜♪

Sakura Hanamiseさんへ行ってきました〜♪
豊橋市牛川町にありますSakura Hanamiseさんへ夫婦で行ってきました。 オーナーの桜子さんと楽しいおしゃべりのひと時。普段は花屋さんですが、7/28~8/8まで、ご主人の木工作家である松本寛司さんの個展が観れました。あいにくご主人はご不在でしたが、桜子さんとたくさんしゃべれました。やはり、ぬくもり感のある器はいいですね。作家さんの背景、ストーリーを聞くことができてラッキーでした。もちろん作品その物に魅力があるわけですが、その背景を垣間見ることで、価値は何倍にも膨れ上がります。手作りされた物を、人間の手を通し、顔を見合わせて物をいただく。大量生産された物を安価で安易に購入してきた昨今、改めて考えさせられた素敵な体験でした。 ↑ この駐車場マーク、好きだなあ〜  我が家にも作ろうかな!...

74本の貝塚伊吹を抜いてウッドフェンス作成〜!

74本の貝塚伊吹を抜いてウッドフェンス作成〜!
2010年頃だと思います。 まだ、「お庭造り」を本格的に始める前の我が家です。大学生時代から数えて約20年間、名古屋に住んでいましたが、いろんな偶然が重なり実家のある豊川市に戻ってきました。ここに掲載する画像は豊川市に戻ったばかりの頃のものです。手入れされていない見苦しい庭。ハゲハゲの生垣。美的にも何とかしたいと思っていました。フェンスを作ろうと思った直接的なキッカケは、当時まだヨチヨチ歩きだった娘が、ハゲハゲの生垣の隙間から外へ転落しないだろうか、という心配からでした。 ↑ 何とかせねば! ↑ 見苦しいジャングルです。 ↑ これでも何本も見苦しい植栽を伐採した状態です。どこから手をつけたらいいのか。。。 ↑ 写真ではボリューム感がわかりずらいですが、ナウシカに出てくる王蟲のようでした。(気持ち的に) これを処分するのも大変! ↑ フェンス施工の一番のポイントは支柱をまっすぐ垂直...

「晒柿」(しゃれがき)さんが、我が家に遊びにきてくれました〜 ♪

「晒柿」(しゃれがき)さんが、我が家に遊びにきてくれました〜 ♪
  「晒柿」(しゃれがき)さんが、我が家に遊びにきてくれました。 とてもセンシティブな方で、仕事の話、ホームページの話、猫の話、楽しいひとときでした。 晒柿さんとお話しすると、夫婦ともども、とても前向きな気持ちになり元気になります。 不思議なチカラをお持ちの方です。 こういう素敵なオトナになりたいものですね〜 ♪...

名古屋在住時代の手作りリフォーム

名古屋在住時代の手作りリフォーム
2008年頃だと思います。 大家さんの許可を得て、数年後に取り壊される築50年の民家を手作りリフォームしました。 自分自身、貴重なDIYの経験値を上げた体験ですので、記録としてここに残します。 ↑ とにかく、薄暗く清潔感の無い洗面所でした。 ↑ そこで大活躍なのが、DIYの三種の神器、ペンキです。    色の魔法は絶大! 費用対効果抜群です。 安価な手段ですが効果は大きいのです。   床は板を貼り、防水塗装を施しました。 ↑ うーん、なぜタイルの目地が赤色なのだ〜 ↑ ペンキのチカラでこの通り! もったりタップリ塗るのがポイント。 ↑ 古ぼったく重苦しい雰囲気です。 明るくしたい!!   う〜 床のクッション材が白黒? 何とかしたい! ↑ もちろん、ペンキ塗りの出番です。 ↑ 床は板材(ホームセンターに売っている安価な杉板)を貼って、グラインダーでツルツルに。裸足でも気持ち良く!  ...