10代の頃に描いた裸婦デッサン。

初めて女の人の裸を描いたのはいつだったろうか。

何となく覚えているのは。。。
恥ずかしくて、イーゼルに置いた大きなスケッチブックで、
見えないように顔を隠して、顔を真っ赤にして
うつむいてばかりいたと思います。

「もっと、よく見て描くように!」

なんて先生に言われても、恥ずかしくて前を見れない。

ピュアだった、あの頃の僕。
今もですが(笑)

何枚も裸婦デッサンを描くうちに、
裸体をモノのように冷静に観察して描けるようになっていました。
慣れってすごいですね。
真剣に集中していると、よこしまな気持ちなんて入りこまないんです。

僕は男ですから、女性が性の対象です。
まあ、神様がそういうふうに設計しましたからね(笑)

でも、裸婦を描いている時は、そうならないんです。
冷静に人体として、観察している自分になっているんです。
欲情していたら絵なんて描けないですから。
「画家の目になっている」というやつです。
そうすると、冷静な気持ちで、「女性のカラダはなんて美しいんだ」て思うんです。

 

映画「タイタニック」で、

レオナルド・ディカプリオが、ケイト・ウィンスレットの裸体をスケッチするシーンがあったじゃないですか。

映画を観る人は、あのシーンにエロスを感じるかもしれませんが、

当の青年画家役のディカプリオは欲情していません、たぶん。

「画家の目」として裸体を捉えて美しいと思っていたと思います。

 

当時、僕にはそう感じました。

監督のジェームズキャメロンが描いたらしい裸婦デッサン