夢の国へ

夢の国へ
初めて小3の娘をディズニーランドへ連れて行きました。   ウォルトディズニーさんの描いた夢の国。   僕は自分の描いた夢(なりたい自分)を見つけたので、 彼の描いた夢の国の魔法には、かからなくなりましたが、 娘の喜ぶ顔を見ることは、僕の夢の一つなので、   やっぱりこの場所は夢の国♪    ...

天然木のパーゴラ&デッキ

天然木のパーゴラ&デッキ
新城市のM様邸にて、造園のお手入れに引き続きまして パーゴラ&デッキの施工をさせて頂きました。   デッキの今の主流は、デッキは人工木(樹脂50%+木粉50%を練り混ぜたもの)で、 パーゴラはアルミ製品が多いのですが、 あえて、メンテナンスフリーの耐久性のある人工木やアルミ製ではなく、 風合いのある天然木を、選ばれました。   確かに、メンテナンスフリーの素材は、長持ちして楽ですが 木のぬくもり感は格別です。   「経年変化の美」というものを大切にされるお施主様でした。     メンテナンスフリー素材か、天然の風合いか。。。。 どちらが良い悪いというわけではありません。 それぞれ、メリットとデメリットがありますので 皆様それぞれの価値観に合ったものを、選ばれれば良いと思います。 https://kazumadesign.com/ウッドデッキについて/ ...

2018.12月号_暮らしはアート

2018.12月号_暮らしはアート
kazuma 暮らしを楽しむ   「暮らしを楽しむ」とはどういうことでしょうか?   毎日何か特別に刺激的な楽しい事が起きたら良いのですが、現実の生活では、なかなかそうはいきません。 仕事、家事、子育ての忙しい毎日。同じように見える日常の繰り返しが多いのではないのでしょうか? 逆に毎日エキサイティングな事が起きたら疲れてヘトヘトですけどね(笑)   僕が思う「暮らしを楽しむ」とは、「日々の何気ない暮らしを楽しむ」という事です。 日常のささやかな出来事にこそ、最大の幸福があるんじゃないか、という仮説を立てました。 今の僕自身の日々の暮らしは、その仮説を検証している日々とも言えます。   暮らしを楽しむ為には工夫が必要です。ボーっとした意識では何も小さな感動をキャッチできないと思うのです。 それは物事の解釈の仕方、意識、脳の使い方を学ぶことに根本的な解決があると思うのですが、 それは僕がまだ