アスファルト舗装の可能性

アスファルト舗装の可能性
豊橋市のT様邸にて、アスファルト舗装工事をさせて頂きました。 今回は水はけの問題から、透水性タイプのアスファルトを採用させて頂きました。     個人住宅の外構工事でアスファルト舗装は珍しいです。 それはおそらく美的な観点からの理由だと思います。   アスファルトはどうしても、公共の道路であったり、施設の駐車場であったりというイメージがあり、個人住宅であまり見かけません。   駐車スペースは土間コンクリートの家がほとんどでしょう。     アスファルト舗装の最大のメリットは   ・コンクリートに比べて安価。 コンクリートは1㎡いくらの世界ですが、アスファルト舗装は面積が大きいほど1㎡単価が安価になります。(面積にもよりますが、コンクリートに比べて半額ほど。)   ・養生期間の短さ。(施工性) コンクリ駐車場は冬ですと5日ほど車が上に乗れませんが、

君だけのミッキー

君だけのミッキー
仲良しの小6の娘の部屋で、ミッキーらしきイラストを見つけました。 好きなんですね、ミッキーが。     2018年、娘が小3の時に初めてディズニーランドへ連れて行きました。 https://kazumadesign.com/夢の国へ/     あれ? そういえば、今年の6月に静岡県湖西市の潮見ビーチに家族で行った時にも、 このミッキーらしきイラストを砂浜に描いてたような。。。 https://kazumadesign.com/アーシングと海岸/     そして、 数ヶ月前。。。。。 小6の娘は女子らしく、メークに興味があり、既にいっぱいお化粧品を持っています。 僕の数少ない子育ての方針の1つで、画材などのクリエイティブ(物作り)の道具はなるべく、欲すれば与えてます。 僕自身が物作りの人ですから。 化粧品が画材かは疑問ですが(笑) 僕の...

2021.9月号-暮らしはアート

2021.9月号-暮らしはアート
kazuma   遠い日のドイツ   大学卒業後に一年間ドイツで暮らしたことがあります。 もう随分と昔の話ですが、思い出として全く色褪せていません。 1996年の事です。   当時は海外留学と言えば、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスといった英語圏に行く人が多かったと思いますが、僕の選んだ国はドイツです。 「なぜドイツ?」とよく質問を受けたものです。   芸術大学で油画を専攻していましたので、油画発祥のヨーロッパのどこかに行きたかったのです。 観光で行くのならフランス、イタリアも良かったのですが、 暮らすとなると、ラテン系のノリに馴染む自信がなかったのです、僕の性格では(笑)。 ネットもなかったあの頃、少ない情報と何となくのイメージで行く国を決めるしかありませんでした。   1996年頃の盛り上がっていた現代アートシーンは、フラ

2021.8月号-暮らしはアート

2021.8月号-暮らしはアート
kazuma   真夏の夜の夢   つい先日、小6の娘の友達が我が家に「お泊まり」に来てくれました。 コロナ禍の今の世の中、夏休みだというのになかなか遊びに行けない可哀想な子供。 我が家は一人っ子ですので、せめて友達と遊ばせてあげたいという思いもあります。   お友達もどうやら一人っ子。 ちょうどいいです。   お友達が一緒のせいか、娘はいつも以上に元気にパワーアップ。     夕食は皆でお庭で七輪バーベキューをしました。 僕は手慣れたもんで夕方17時30分頃から火起こしです。 この火を起こしている時が個人的には一番楽しいんです。 もちろん傍には缶チューハイ♪スマホから音楽を流しながらです。 ほろ酔い気分で火を見つめていると、なんとも言えない心地よい良い気持ちになります。 変性意識状態になって人類の原始的な記憶にアクセスしているので

昔のアルフレスコ

昔のアルフレスコ
僕は出会った方に「アルフレスコダイニングの伝道師」として、 庭で過ごすライフスタイルのご提案をさせて頂いています。     過去のブログ等に何度も書いていることですが、20代前半に体験したドイツ留学で見た光景に感動し、 それを自分で実践し、「やっぱり楽しい♪」と実感したからこそ、人にその感動を伝えられます。   アルフレスコとは、イタリア語で(戸外の・屋外の)といった意味です。 昔の日本人の暮らしの中で、アルフレスコは無かったのでしょうか?   庭にテーブルと椅子を設置することはなかったと思いますが、 「縁側」が外と中の中間地帯。 ここでのドラマはあったと思います。   縁側で一緒にみかんを食べながら世間話をしたり。。。。 そこには日本ならではのアルフレスコ空間があったと思います。 ヨーロッパと日本では気候が違います。 冬(寒い)の実機が

豊川市のK様邸リフォーム

豊川市のK様邸リフォーム
豊川市のK様邸にてリフォーム外構を施工させて頂きました。   今回のご要望は   ①駐車スペースから玄関扉までのスムーズな動線の確保。 ②防草対策のため既存の砂利を撤去して、防草シートいを埋設して新たに砂利敷き。 ③立水栓の設置 ④植栽 です!   工事スタートです。 完成です♪ ...

2021.7月号-暮らしはアート

2021.7月号-暮らしはアート
kazuma   子育てについて   「JTBにはなるな!」これは師から教わった僕のお気に入りの言葉です。   あ!某旅行会社のことではないですよ(笑) JTBとは 「じっとしているただのばか」 という師の造語です。   個人事業をしていると特に感じるのですが、失敗を恐れづに積極的に動いて挑戦することがとても大切です。       偉大な哲人、中村天風の著作も何冊か読みましたが、結局一番彼が言いたかったことは 「人生を積極的に生きよ」 だったと思います。   就業者の80%以上がサラリーマンである日本。 おじさんである我々の世代は、学歴競争を経て、いい会社に入って、 いかに失敗しないようにして定年まで迎えるかというネガティブゲームの人生。       しかし、小6の僕の

ベンチのある庭

ベンチのある庭
お庭にベンチを置いてみませんか?   仕事がら多くの外構を見させて頂きましたが、お庭にベンチを置いてあるお宅はとても少ないです。 ベンチやイスを置く事で、ぼーっと過ごせる場所ができます。 それだけで、少し日々の何気ない暮らしが変わります。     我が家の庭のベンチ。 10年ほど使っていましたが、さすがに老朽化が激しく 買い換えました。 ウチの庭はアイアンベンチが似合わないので、今回も天然木ベンチです。   役目を終えたベンチ 楽しい時間をありがとう♪   ...

ヴィンテージレンガ土間

ヴィンテージレンガ土間
豊橋市のT様邸にて、レンガ土間とフェンス工事を施工させて頂きました。   既設の天然枕木はかなり劣化しており、それを掘り起こし、レンガ土間の駐車スペースとなりました。 レンガ土間はアプローチのように、セメントを使わない「土ギメ」施工の場合もありますが、 今回は車が上にのれる、コンクリとワーヤーメッシュも入れた頑丈な仕様です。   レンガはヴィンテージレンガで風合いがあります。   フェンスは既設ブロック上に設置しました。   8月の初旬には造園のお手入れをさせて頂く予定ですよ♪       ...

フェンス工事

フェンス工事
豊川市のN様邸にて、フェンス工事をさせて頂きました。   お庭をプラーベートガーデンにするには、目隠しフェンスはとても重要です。 道ゆく人からの視線を気にしないでお庭遊び。   今回のフェンス工事は、板貼りはお施主様のDIYです。 ハードウッドの天然板材をDIYにて施工されるご予定です。   高さが約1800hの目隠しフェンスをL字に施工します。 隣地境界側は既存のブロックを利用して、その上に2段積み増しして1200hの支柱を立てました。   さあ、ここからはお施主様の出番ですよ。   カズマデザインでは、プロ施工&お施主様DIYも承っております!       板材貼りは、お施主様によるDIYです。 ハードウッドですよ♪ 天然板の表情が素敵ですね(^_^) ...