さよなら、i-Mac

さよなら、i-Mac
別れは突然やってきました。   いつものように、デザイン作業中に なんの前ぶれもなく、突然プツン!と画面が真っ黒に消えました。   え!?   はは~ん、コンセントが抜けちゃったのかな。。。   しかし、調べてもコンセントはしっかりと、ささってます。 コンセント抜き差ししたり、再起動ボタン何度も押したり 色々やってみましたが、駄目です。   ここでやっと、事の重大さに気が付きました。   どうしよう!?   Appleの27インチ i-Macを使用しているのですが 早速、Appleサポートへ電話して症状を説明しました。 一般のパソコン修理業者さんにも電話して症状を説明しました。 どうやら、メインボードの新品交換が必要らしい。 修理代はおよそ80000円なり。   しかも梱包して発送してと。。。...

2019.3月号-暮らしはアート

2019.3月号-暮らしはアート
kazuma   絵を描く行為から 学んだ、氣づき   僕が初めて油絵の具を使ったのは、中学生でした。 幼少の頃から絵を描くことが好きで、「油絵を描く」という行為は大人の階段を登るようで、ウキウキしたものです。   確か初めて描いた作品は、 ポール・セザンヌの「赤いチョッキの少年」の模写だったように記憶しています。     最初は扱いがとても難しい画材で、技術を習得していくのにとても苦労しました。 絵の具をチューブから出したまま使うと、絵の具の乾燥が遅く、 塗り重ねたくても、さっき塗った絵の具が濡れていて、次の作業が出来ません。 速乾性のメジウムやオイルを研究する必要があります。 使い過ぎれば、絵にひび割れを起こしたりと、失敗の経験を重ねながら覚えていきました。   どうしても色彩に深みを出せずに、悩んでいた時の事です。 何枚描いても単調な薄っぺ

リカンベント

リカンベント
憧れのリカンベント。 初めてこの自転車が走っているのを見たときは衝撃的でした。 僕が20代前半の滞独時代に初めて見たのです。 「何だ? この変わった自転車は!?」 ただ、大きな問題があります。 ドイツは、全国的に自転車道がとても整備されていて走りやすいのですが、 日本の自転車道は、皆さんご存知の通りひどいものです。 とてもこの操縦の難しい不安定な自転車を、走らせられるような道は場所が限定されると思うのです。 自転車道が整備されているドイツでは、日本にはない光景を毎日見ました。 普通のスーツを着たサラリーマンが、自転車道をローラーブレードで通勤している人をよく見かけました。 インフラは大事ですね。       ウィキペディアから。 【リカンベント】 (英語: recumbent bicycle)とは、自転車の一種である。通常の自転車がサドルに臀部を乗せ直立に近い状態で、足の上下の屈伸運...

2019.2月号-暮らしはアート

2019.2月号-暮らしはアート
kazuma   心の純度を上げる   今は「心の時代」だとよく言われています。 多くの国々は機械文明の発達のおかげで物に溢れるようになりましたよね。   機械文明は生産性の向上を目指して合理性を優先させます。 しかし、人の心の問題をないがしろにさせてきました。   人の心の豊かさは合理化によっては培われないのです。   このまま機械文明が進んで行くとどうなるのでしょうか。   ベーシックインカムが導入されて、AI(人工知能)とロボットの発達により、富は機械が作り、人間は遊んで暮らせるようになるのでしょうか。 これはまだまだ想像の域を出ません。   ただテクノロジーの発達は文明が滅びない限り止められません。 きっと加速していくでしょう。   では人間の心の豊かさはどう解決していくのでしょうか。  

具象絵画と抽象絵画

具象絵画と抽象絵画
今回はご好評につき、Kazuma Art 第2弾! https://kazumadesign.com/カズマの絵の世界/   僕の絵の世界を少しだけご紹介します。     今回の作品は、いわゆる抽象絵画と呼ばれているジャンルです。   抽象絵画とはウィキペディアによりますと 「狭義では、非対象絵画、無対象絵画、絶対象絵画のように、具体的な対象をかきうつすということのない絵画を意味する。 広義には、ピカソのキュビスム作品など、厳密には具象であっても事物そのままの形からは離れている(事物の形にさまざまな変化が施されている)絵画を含むこともあるし、具象絵画に期待される技術的な基礎や表象の卓越性が伴わない絵画を指すこともある。」 との事です。     ちょっと小難しい話でしょうか。 つまり、具象絵画と抽象絵画の違いの解釈というのは実は上述の通り曖昧なんです。 &nbsp...

復活! Tennis Life!

復活! Tennis Life!
若い頃にやっていたテニス。   結婚して10年以上やめていましたが、復活しました。     テニスを再開する目的を改めて考えてみました。   ・運動をする事により脳を活性化させて仕事や家事のパフォーマンスを上げる。 ・衰えた筋肉とスタミナを鍛えるためのキッカケ。 ・人との出逢い。 ・子供にテニスを教える為の事前準備。 ・人生をより味わって楽しむ為。 ・純粋に。。。。テニス楽しいから。     モチベをより高める為、「テニスの王子様」をパロってロゴ作ってみましたよ。 遊び心ですから許してくださいね(笑)   久しぶりのテニス。意外と体は覚えてますね。動画です!

結婚記念日

結婚記念日
今日は、お恥ずかしながら結婚記念日でした。   14周年。 あっという間ですね。   今日のディナーは豊橋市の「ツバメ食堂」さんで家族3人でディナーを楽しんできました。 料理もお店の空間もとても素敵でオススメですよ。   14年。。夫婦生活色々ありましたが。。。。たぶんこれからも、色々あるのかもしれませんが(笑)   結婚した事によって、自分一人分ではなく、2人分の人生を味わう事ができました。 子供が出来たことによって、さらに新しい風が吹きました。   日々の何気ない暮らしを楽しみながら、この命の終わりがくるその日まで、できるだけ良い「生き方」をしたいなと思いました。 結婚記念日は二人の「生き方」を改めて考える良いキッカケかもしれませんね。        ...

カズマの絵の世界

カズマの絵の世界
今月はとくに、グラフィックデザインのお仕事が多く、 かといってデザインの内容は、クライアントの許可なく、なかなか簡単に開示できません。   という事で 今日のブログは少し趣向をかえて 今さらですが、自己紹介がてら 僕の絵描きの部分を少しだけ、お見せしますよ♪   抽象画ばかり描いていた時期もありますが、(タイトル画像もkazuma作です。) 今回は、人物画にテーマを絞ってます。         絵を描く事も、外構の図面を描く事も、グラフィックデザインをする事も、 僕の中では同じ「もの創り」なんです。   創る喜びはたまりません。   創作は、時には自分も人にも幸せにする力があると思います。   我が子にも、「創る喜び」を伝えていきたいで...

ポストとインターホン

ポストとインターホン
豊橋市のA様邸にて、ポストとインターホンの設置工事をさせて頂きました。   古いポストは、受け取り口の蓋が破損し、内蔵されているインターホンは故障しておりました。 このインターホン内蔵型の旧ポストは廃盤のため、新品のポストとカメラ付きのインターホンを設置させて頂きました。   門袖に設置されているインターホンの子機が作動せず、調べてみると、地中に埋設されている配線がとぎれていました。 途切らせることなく、新しく埋設し直して問題解決です。     全体の外構プランだけではなく、こういったインターホンやポストだけの工事も承っておりますので、 ご遠慮なくご相談ください。         ...