花咲くミモザ

花咲くミモザ
2月も明日で終わり。 庭のミモザの木に鮮やかな黄色が付いてきました。 とても晴れやかな気持ちになります。 我が家のシンボルツリーです。 フランス好きの奥さんが、ミモザは絶対に外せない!という事で。 フランスのミモザ祭りは有名ですね。 常緑樹で葉が落ちないため、冬でも庭が寂しくなりません。 四方に枝が伸びまくる為、人によって好き嫌いもありますね。 僕はもちろん大好きです。 成長がとても早く、ミモザ1本植えるだけで、庭がどんどん立体的な空間になっていくので楽しいです。 ただ、オーストラリア南部が原産ということで、日本と違い、台風がなく岩盤の固い場所で生き延びてきた樹木のせいか、根が土中深くに伸びるのではなく、横に広がっていきます。 台風の国、日本ではこれが少し厄介なんです。 つまり、根が、日本古来の杉や檜のように深くなく、枝葉がもりもりに成長し強風の影響をもろに受けます。 頭でっかちで足腰が弱い。。。と表現したらいいでしょうか。 我が家...

テニスのおじ様ふたたび

テニスのおじ様ふたたび
1年間痛みに苦しんだ50肩からの復帰後、3回目のテニスをしました。 今年は初です。 デザイナーという仕事柄、毎日パソコンモニターとにらめっこの日々。 日頃の運動不足が半端ないですからね。 適度な運動は、脳が活性化されて仕事と家事のパフォーマンスがあがります。 コートに僕とほぼ同い年の方がみえまして、 話のテーマは 「老いにあらがう体づくり」 いや〜こういう話で盛り上がる年齢になりましたよ(笑) 岡崎総合運動公園のテニスコートにて ...

芝生 vs グランドカバー

芝生 vs グランドカバー
時々ご相談を受けます。 お庭に 「芝生とグランドカバー、どちらがいいのですか?」 って。     お庭の植栽は、背の高い順から言って、 樹木 → 下草 → 芝生orグランドカバー という構成があります。   多面積を占める庭の地面は、芝生とグランドカバーどちらにするか。 もうこれはですね、「好み」ですよ。   芝生は、もう説明の必要はないくらい皆さん見慣れていますね。 ほとんどは高麗芝というのが一般的です。   グランドカバーというのは聞き慣れない方も多くいらっしゃいますね。   「緑の絨毯」という意味で特定の植物名ではなく、地被植物で地表を覆うために植栽する植物をさします。 「グランドカバー」でググると色んな植物名が出てきます。 お好みのものをどうぞ。 「芝生とグランドカバー、どちらがいいのですか?」

料理に対する興味

料理に対する興味
先日、投稿した「暮らしはアート2月号」にも書かせて頂きましたが、僕は昔から料理に対する苦手意識があります。   おそらく、美味に対する貪欲さと言いますか、好奇心、向上心があまり無いのだと思います。   しかし、僕がライフワークで力を入れています「アルフレスコダイニング(戸外・庭で食事)」と「料理」との相性が抜群だという事に気がつきました。 本当はとっくに気がついていましたが、料理に対する苦手意識のために遠ざけていました。   僕の唯一の趣味は、15年以上続けていますDIYです。 もう1つくらい趣味が増えてもいいかなと思い始めました。 それが料理です。   美味しい料理を作れるスキルを身につければ、誰かを幸せにできる趣味です。 しかも、食べる行為は毎日。 役に立てる出番が多いです。   。。。。という事で、今欲しい調理器具は 中華包丁と蒸し器。   約15

2021.2月号-暮らしはアート

2021.2月号-暮らしはアート
kazuma   アルフレスコダイニングと料理スキル   僕は「アルフレスコダイニングの伝道師」として 外構・お庭の仕事を通して活動しています。   アルフレスコダイニングとは戸外で食事と言った意味です。   若い頃の一年間ドイツにて留学していた頃に見て衝撃を受けたヨーローパ人の文化の一つです。     晴れた心地の良い日中、または夜でも黄色いぬくもり感のある明かりをつけて 家の外の空間で料理やお酒、紅茶やコーヒーを味わい、 一人でも、また誰かと会話を楽しみながら、ささやかな小さな幸せを感じます。   僕はたまたま留学先で見た光景に衝撃を受けたのですが、日本でも昔はあったのかもしれません。 縁側でミカンを食べながら、またはお茶と饅頭を食べながら誰かと会話を楽しんでいたのかもしれません。   アルフレスコダ

憧れの燻製窯

憧れの燻製窯
やりたいDIYは常に多くありまして、DIY一覧表はぎっしりです。 しかし仕事が忙しくて、なかなかDIY時間が取れません。 やることにもよりますが、DIY時間は最低でも半日は欲しいのです。 電動道具を出してセッティングをして、終わったら片付ける時間を鑑みると、 やはり最低でも半日以上は欲しいのです。     やりたいことの1つとして「庭にレンガの燻製窯」のDIYがあります。   「ピザ窯を庭に作りたい!」 は奥さんに秒で却下されました。(笑)   「場所取るし、年に何回焼くの?」 という事で(笑)     燻製窯はピザ窯ほど場所も取りませんし、何よりも使っていない時でも ガーデンオブジェとしてかっこよければいいんです。(ここ大事)   そこで見本となるのが、憧れの暮らしをされていた津端ご夫妻です。 書籍「あしたも、

受け継がれた赤いマフラー

受け継がれた赤いマフラー
1996〜1997年の僕が若い頃、 渡独時代に当時90歳だったドイツ人のお婆ちゃんに 「ドイツの冬はとても寒いから」と 僕の首に巻いてプレゼントしてくれた赤いマフラー。       時を経て今は、小5の僕の娘が毎日使っていますよ。   料理上手で優しくしてくれたお婆ちゃん、ありがとう♪   ...

子供たちとのおもひで

子供たちとのおもひで
地元のカブスカウトに僕の娘が在籍しているという事で 僕(パパ)は昨年の4月からデンリーダーの1人としてカブスカウトの子供達と関わらせて頂きました。   今年の3月でそれが終わります。     先日の12月の隊集会での催し物は盛りだくさんで、 飯盒炊飯でカレーを作ったり、スポーツ鬼ごっこをしたり、ハイキングをしたり、 海岸を歩いたりと、大人もヘトヘトになるほどでした。 1日の内容が盛りだくさんが故に、海岸を歩く頃には太陽も沈みはじめ、夕日になってきました。 それでも元気に海岸を歩く子供達。   数ヶ月前にアマゾンprimeで観た映画「二十四の瞳」とオーバーラップし、 なんとも感慨深い気持ちになり、不覚にも目頭が熱くなりました。   目の前のこの小さな子供達も、 あっという間に体が大きくなり大人になって成長していくんだなという、 寂しくも...

娘にi-pad

娘にi-pad
小5の娘にi-padをプレゼントしました。   こういうのは、クリティカルエイジ(脳の発達が終わると言われている学習限界年齢のことです。言語学習の場合8~13歳程度がクリティカルエイジと言われています。) の年齢にまだ早いかなとは思いましたが、 悩みましたが、僕(パパ)の世代のモノサシで、情報収拾端末を買い与えるのはまだ早いと決めつけるのは、どうかと思いましたので思い切ってプレゼントしました。   今の時代の子は、きっと今の時代に合った成長の仕方、可能性の拡大の仕方があるかもしれません。   しかし、そこはまだ子供。 家庭内ルールは、娘と一緒に考えて設けましたよ。     僕自身、i-padのツールとしての可能性の素晴らしさに 遅まきながら感動していたという事も付け加えておきます。↓ https://kazumadesign.com/さよならアナログ手帳/  ...

コロナ禍とナウシカの世界観

コロナ禍とナウシカの世界観
コロナ禍でどこに出かけるにもマスク着用。 ほんと、息苦しくうっとおしいですよね。   情報格差があり、コロナに対する考え方は人それぞれですから詳しくは語りませんが、 昔観た映画「風の谷のナウシカ」を思い出しました。     ここはマスクをしないと生きられない腐海の森なのかな。     報道されている情報をすべて鵜呑みにする事をせず 何がフェイクニュースで、本当に正しい情報は何なのかを考えながら 日々の暮らしと向き合っていきたいと思います。 用心に越した事ないかもしれませんが 必要以上に恐れすぎて、自粛警察のようになって他人を攻撃するような「コロナ脳」にならないようにしたいものです。 自分には厳しく、人には愛情深く!...