命というもの

命というもの
先日、僕の祖母が亡くなりました。 101歳です。あと2ヶ月くらいで102歳なので、数えで102歳です。 大往生です。 近しい人が亡くなると、つい「人生と命」について哲学的に考えます。 僕らは日々何のために、何を目指して生きているのでしょうかね? ただ、口に物を入れて排泄するだけの毎日でしたら、動物と変わりません。 我々は知性を持った霊長類です。 我々は、ふわふわとした雲のような肉体の無い霊体ではなく、3次元的な肉体を持った人間です。 だからこそ、悦びもあれば、この肉体を食わしていくだったり、健康の事や外見の美醜のコンプレックッスや肉体を生かしていくための様々な苦しみもあります。 僕のお婆ちゃん 小学生の頃、たくさん岡崎市のアオイマート(今は潰れてありません)でたくさんオモチャを買ってくれました。断片的に忘れられない思い出は残っています。 お婆ちゃん、大好きでした。心からありがとう。 晩年は、養老院に入りました。 僕が数年前に養老院にお婆ちゃんに顔を見せに行った時...

2019.11月号-暮らしはアート

2019.11月号-暮らしはアート
kazuma   リレーションシップ   リレーションシップ、英語表記でrelationship。 「関係」「結びつき」「関連性」「人間関係」といった意味になると思います。   「我々人間は一人では生きていけない」 昔から先人から言われ続けられている言葉ですが、僕自身今まで深く考えて来なかった気がします。   我々は社会性をもった生き物です。 多くの人の手を借りて今の暮らしが成り立っています。 衣食住すべて。   そして「生きよう!」という元気も人間関係の中から強くなったり弱くなったり。   何か大きな事を成した人というのは、リレーションシップを磨いて高めた人とも言えます。   若い頃は学校生活、そして大人になって会社等で、 好むと好まざるとに関わらず集団の中で人間関係を構築していかなくては生きていけません。   い

お庭でバーベキュー

お庭でバーベキュー
今日の夕飯はお庭でバーベキュー。 ウッドデッキの上です。   夜は少し寒くなってきましたが、まだ何とか楽しめます♪ 家の外で食事するだけで、なんでこんなに楽しいんでしょうかね。   植栽と外灯があれば、夜も楽しいお庭。 スマホから音楽、アルコールでほろ酔い。   バーベキューの炎を見ていると、潜在的で原始的な宴の喜びを感じているのかどうかわかりませんが、テンション上がります♪   これもアルフレスコダイニング(戸外で食事)ですよ(^_^) ...

地元の神社

地元の神社
今日から11月がスタートですね。   月の初めは、地元の神社へ神様にご挨拶。   ここは御油町で一番好きな場所かもしれません。   もともと僕はこの町の地元民ですが、大学から名古屋へ そしてそのまま社会人になっても、約20年間名古屋で暮らしていました。 名古屋で暮らし始める時は 「こんな田舎(御油町)に住みたくない」と思って名古屋へ出て行ったと思います。   しかし、結婚して子供ができて、僕にも家族らしきものができて、中年になって 久しぶりに戻って暮らし始めてみると 「なんていい町なんだ!」 と心から思うのです。   その象徴的な場所が、御油神社。   高校生まで同じ景色を見ていたはずなのに 人生経験によって感じ方がすごく変わりました。   そんな万感の思いを込めて 神様に感謝の気持ちを伝えてきました♪ ...

NewグラフィックデザインHP

NewグラフィックデザインHP
カズマデザインのホームページが一部リニューアルされました。 カズマデザインの事業は2種類あります。 ちょっと変わったデザイン事務所です(笑) https://kazumadesign.com エクステリア部門(しあわせの庭) と グラフィックデザイン部門(カズマグラフィック) です。 現在のカズマデザインのホームページは、エクステリア部門を主体としたレイアウト構成で、 グラフィックデザインの内容が目立たない作りでした。 そこで グラフィックデザイン部門のホームページを新規に作り カズマデザインのホームページからリンクで飛ぶようにしました。 今回はお披露目です。 こちらです↓ https://kazumadesign.com/graphic/ そうぞ、グラフィックデザインの方も宜しくお願い致します。 ご質問等がございましたら、 お問い合わせフォームからご遠慮なくご相談くださいませ。 お問い合わせフォーム

椅子の張り替え

椅子の張り替え
今回はDIYネタです。   以前、名古屋のお友達からありがたく頂きました椅子。 昭和35年と刻印がありましたから、かなり年代物です。   青色の布生地の痛み、そして青色が我が家のアイボリー壁に統一している場所に置くと、どうしても色が強すぎてインテリアの調和を崩してしまう為、思い切ってDIYです。   青色の布をアイボリー色の合皮に張り替えました。 既存の太鼓鋲を全て取り外して、合皮を新しい太鼓鋲で張りました。   木の部分は、サンドペーパーをかけようか迷いましたが、丹念に水拭きのみ。 長い歳月で生まれた味を失わないように。   木の表面はワックスを丁寧に塗って磨きました。   プロのようにはいきませんが、まずまずの出来栄えです♪     Before     &nbsp

フェンス工事

フェンス工事
豊川市のA様邸にて、フェンスと立水栓&パンの設置工事をさせて頂きました。   車通りの多い道から、お庭がまるみえの状態です。   メンテナンスフリーのフェンスを設置させて頂きました。 木粉50%と樹脂50%を練り混ぜた人工木フェンスです。   フェンスを設置するメリットは2つあります。   1つは、目隠し機能です。 外(道路側や隣地側)からの視線を遮断して、お庭スペースにご家族だけのプライベート空間が生まれる。   もう1つは、見た目の魅力です。 外観(道側から家の眺め)がより立体的になり立派に見えます。 そしてお庭の景色も敷地外の美しく無い景色が遮断され、植物がより美しく映えますよ♪   ]   ...

思い出の卒業制作

思い出の卒業制作
    過去の写真を整理していたら、懐かしい絵や写真が出てきました。   大学4年生の頃の、卒業制作をしている時の画像です。   一般的な大学は四年生になると、卒業論文という物を書くと思うのですが、僕の卒業した芸術大学では卒業制作という造形作品を制作します。 油画科だった僕は、縦1.9m×横1.62mのキャンバスに油彩画を描きました。     その時の模様は過去のコラムに書いています。 https://kazumadesign.com/2019-1月号-暮らしはアート/   ブログネタが重複してもしょうがないですので、 今回のブログはその時のスケッチが出てきましたので、備忘録として掲載します。           ...

スターウォーズ

スターウォーズ
男性は好きな方が多いんじゃないのでしょか? 壮大な宇宙チャンバラ。 冒険活劇と言いますか、主人公ルークスカイウォーカー目線で見ると悲劇なんですけどね。   ①育ての親を殺される ②師匠(オビワンケノービー)を殺される ③悪の権化だったと思っていた人が実の父親(ダースベイダー)だった ④実の父親(ダースベイダー)との戦いで手首切られる ⑤そんな父親(ダースベイダー)に最後は皇帝(ダース・シディアス)から救われて目の前で殺され荼毘にふす ⑥銀河を救ったのがルークだとは誰も知らない   こうやって箇条書きにすると暗いお話しですね。   もともと、スターウォーズはハリウッド映画ではないのです。 えっ!? ですよね。 1作目はハリウッドのお金で作りましたが、 2作目以降は、ジョージルーカスの自主制作映画(インディーズ映画)だったらしいですよ。   1作目を作る時に、「監督料は要らないから、商...

地元の神社

地元の神社
月初めは地元の神社にご参拝です。   地元の神社。 小さな神社ですが、とても趣があり 鈍い僕にも神氣を感じます。   全てのことに神様に感謝です。 ...