ワンちゃん専用スロープ

ワンちゃん専用スロープ
豊川市のY様邸にて、ワンちゃん専用スロープがやっと完成し納品できました。 前回のブログの、目隠しフェンスとテラス屋根、アプローチ土間コン打設の工事の最後のメニューでした。 https://kazumadesign.com/豊川市のy様邸/   ワンちゃんに対する愛情がとても深いお施主様で、 「リビングの掃き出し窓から、ワンちゃんが直接外に出入りできるスロープが欲しい」 というご相談を受けました。     外構製品として、そんなサイズぴったりの物など無く、 かといって左官工事でブロック積んでセメント使って作るというには大仰な気がします。   そこで、カズマのDIYの出番です。   今回設置させて頂きました目隠しの人工木フェンスと近似色のペンキがありましたので 統一感を出しました。 お施主様に喜んで頂けて、一安心です♪   ...

豊川市のY様邸

豊川市のY様邸
不安定な天気が続いていますね。   豊川市のY様邸にて、目隠しフェンス、テラス屋根、土間コン打設の工事をやらせて頂きました。   目隠しフェンスはメンテナンスフリーの人工木です。 テラス屋根は一般的に、家屋外壁にビス穴をあけて固定、そして2本の支柱で支えるタイプが一般的ですが、 家屋外壁に穴をあけたくなく、ぴったりサイズという事など総合的に考えて、カーポートの逆勾配屋根を採用させて頂きました。 これなら2本の足で独立し、外壁と屋根は設置しておりません。 わずかな隙間をが空いていますが、ここはゴム製の隙間材を取り付けて、雨の侵入を防ぎます。   ここで、工事が終了というわけではなくて、もう1つ大切な仕事が残っています。   ワンちゃん用のスロープの制作です。 家の吐き出し口から、今回施工させて頂きました、犬走り兼アプローチの土間コンの上に 木製で僕がDIY制作します。 (後日ブログ...

2020.9月号-暮らしはアート

2020.9月号-暮らしはアート
kazuma   センス・オブ・ワンダー   レイチェル・カーソン著【センス・オブ・ワンダー】を読みました。 有名な本なので読まれている方も多いと思います。   センス・オブ・ワンダー=「神秘さや不思議さに目を見はる感性」 と解釈されています。   まさに今の時代にこそ改めて大切な感性なのではないかと思います。   我々の暮らしはテクノロジーの進歩と共に確かに便利になりました。   電気、ガス、水道、電車、車、パソコン、スマホ。。。 これらの文明の利器は今の暮らしにおいて、なくてはままなりません。   現代人は自然に触れる機会が随分と減りました。   地面はアスファルトやコンクリートで舗装され、人工構造物に囲まれています。   僕自身、仕事がデザイナーですので、 どうしてもパソコンモニターとにらめっこ

あの子はいま。。。2005年の思い出

あの子はいま。。。2005年の思い出
写真を整理していたら、 こんなかわいい写真が出てきました。   これは、2005年に新婚旅行でドイツのハイデルベルクに行ったのですが、 その時に街を歩いていた時のものです。   このなんとも可愛い女の子が ショーウィンドウから離れようとしないのです。   一緒にきていたパパさんママさんから 「はやくおいで〜! おいてっちゃうよ〜!」 (ドイツ語で) と言われながらも粘る女の子。   可愛いすぎて思わずパシャリ!   あれから15年。 きっと美しいレディーに成長しているんだろうな〜♪ ...

随処に主となれば立処皆真なり

随処に主となれば立処皆真なり
処に主となれば立処(りっしょ)皆真なり これは臨済宗の開祖である臨済義玄禅師が修行者に対して諭された言葉です。 いつどこにあっても、如何なる場合でも何ものにも束縛されず、 主体性をもって真実の自己として行動し、 力の限り生きていくならば、 何ごとにおいても、 いつ如何なるところにおいても、 真実を把握出来、いかなる外界の渦に巻き込まれたり、翻弄されるようなことは無い。 そのとき、その場になりきって余念なければ、 そのまま真実の妙境涯であり自在の働きが出来るというものである。 もっと、ひらたく表現すれば あなたが主体になれば あなたがどんな時でも心理をつかむ事ができる。 という事です。 ご自分の人生のハンドリングを他人に任せていませんか? 考えることを他人に任せていませんか? 人生の主人公は自分です。     僕は仕事でエクステリアプランナーをさせて頂いています。 外構、お庭のデザイン設計をして、お客様

タスクスイッチング

タスクスイッチング
以前から「マルチタスク」という言葉はよく聞きますよね。 ウィキペディアによると「マルチタスク」 (multitasking) とは 複数の作業を同時にもしくは短期間に並行して切り替えながら実行することをいう。 マルチタスクの最初の記述は、IBM System/360の機能を記述する1965年のIBMの論文に登場した。この論文におけるマルチタスクは、同時に複数の作業を同時処理するコンピュータの能力を指していた。 と記載されてあります。   この「マルチタスク」という言葉にどんなイメージをお持ちですか?   僕は以前まで、クールに同時にいくつもの仕事をスピーディーなこなす カッコいい仕事のできる男のイメージがありました。(笑)     大きな勘違いでした。   僕もやってしまいがちですが、皆さんもおそらくやっているであろう「ながら行為」。 テレビやyoutubeを身ながら仕...

豊川市のN様邸もうすぐ

豊川市のN様邸もうすぐ
豊川市のN様邸の新築外構工事、順調に進行しています。   あとは、レンガ門袖にアイアン表札を設置し 植栽工事を残すのみとなりました。   植栽工事は、今の季節に造園施工するのはリスクが高いのです。 暑さのため、完璧な造園施工を施しても枯れるリスクがあるのです。   よって、しばらく間をおいて9月の下旬に造園施工を予定しております。 ここから緑が入ると、また見違えます。   はやく見たい所ですが、ここがぐっとガマン。 楽しみです♪      ...

豊川市のN様邸

豊川市のN様邸
豊川市のN様邸の新築外構工事、順調に進行しています。   レンガ門袖が積み上がり存在感を醸し出しています。   今日は土間コンクリートを打設しました。   明日から、アプローチの石張り施工の予定です。   完成が楽しみです♪   今日の猛暑の中、職人さんお疲れさまです!    ...

造園のお手入れ

造園のお手入れ
以前、カズマデザインにて外構、作庭をさせて頂きました豊川市のA様邸にて 造園のお手入れをさせて頂きました。   定期的にお手入れをご依頼頂いております。   アルフレスコダイニング(戸外で食事)を暮らしの中で実践されているお家で 僕自身、このお宅に来させて頂くのが毎回楽しみです♪   カズマデザインでの外構施工をさせて頂いていない方でも 造園のお手入れを承っておりますので、ご遠慮無くご相談ください。     造園お手入れ前     造園お手入れ後 すっきり爽やかになりました♪  

手作り看板の製作

手作り看板の製作
立て看板の製作をさせて頂きました。   照明付きです。 背面は黒板仕様になっております。     普通、街の看板屋さんでは 看板と言えばパソコンから大型出力機にてフィルムをプリントアウトして それを貼り付けたり、カッティングマシーンにて切り抜いたシールを貼り付けることが 一般的だと思うのですが、カズマデザインでは木製でベースを作ったものに 手描きで文字やイラストを描いて、アナログの「味」を演出します。   デジタル当たり前の時代だからこそ、手作りの希少性があるというものです。 今どき、こんな時代錯誤な作り方をする所は珍しいと思います。   あえて、アナログ感のある看板をお求めの方は ぜひお問い合わせください♪     https://kazumadesign.com/handmadesi...