2020.12月号-暮らしはアート

2020.12月号-暮らしはアート
kazuma   楽しい暮らしは自分で作る。   この地球は行動の星です。 行動しないと何も始まりません。 ただ待っていても幸せは向こうからやって来ないし、時間が過ぎ去っていくだけです。 「果報は寝て待て」という諺がありますが、 あれも最初に自分で種蒔きしてから待っているんだと思いますよ。 自分が蒔いたものしか刈り取れません。   カズマデザインでは、「日々の何気ない暮らしを楽しむ」をテーマにしています。 僕のような庶民が楽しめる暮らしです。 富裕層の楽しみはわかりません、経験した事がありませんから。 僕のような庶民でも工夫しだいで、日々の何気ない暮らしを楽しむ事ができるんです。   大切な事は、「楽しい暮らしは自分で作る」という強い意識を持ち行動する事だと思います。   幸いにも僕は「自分で作る」という事に対してあまり抵抗感がありません。 むしろ「

庭づくりはロケーション作り

庭づくりはロケーション作り
先月、久しぶりに家族旅行に行きました。   夫婦共々、休日も働いてしまうことが多く、 夏休みにも小5の子供を何処にも連れて行ってあげる事ができませんでした。   だからという訳ではありませんが、今回の家族旅行は頑張って 4泊5日で瀬戸内海の小豆島(ショウドシマ)へ。   小豆島のとある宿に泊まった時に貴重な体験をすることができました。   日本人の奥様とアメリカ人のご主人で経営している宿。 その宿にはプライベートビーチがあり、そこにハンモックがあったのです。 もちろん我が家の庭には有りませんが、 今までの人生の中で何処かの施設にあったハンモックに乗って楽しんだ経験は数回あるんです。     しかし、今回のこの小豆島でのハンモックは格別な感動がありました。 旅先でテンション高かったから? それもあるでしょう。  ...

ブロック積増し&フェンス

ブロック積増し&フェンス
ほぼ同じタイミングで、偶然にも2箇所で同じような施工をさせて頂きました。 ブロック積増しと、目隠しフェンスの施工です。 どちらも豊川市です。   まずは、 豊川市のI様邸。   「老朽化した既設の鉄製のフェンスがグラグラで危険なので何とかしたい!」 という事と、伸びきって管理が大変になってきた樹木の伐採処分です。 樹木を伐採処分した後に、既設の鉄製のフェンスを撤去処分し そこに、ブロックを1段積み増ししました。 そして、高さ1200hの目隠しフェンスと、メッシュフェンスを設置しました。 すっきりキレイになり、安全も確保されましたね♪           次に、 豊川市のF様邸です。   お施主様からのご要望は 「隣家の窓がこちらから見えて気にな

2020.11月号-暮らしはアート

2020.11月号-暮らしはアート
kazuma   中学一年生相手に登壇する   素敵なご縁を頂きまして、愛知県新城市立新城中学校にて、 「キャリア学習〜働く人から学ぶ」の講師をさせて頂きました。     この授業の目的は、「いろいろな業種(職業)の方から、働くことのやりがいや大変さ、 その職業に就くために必要なことなどの話を聞く事で、 自分の夢や将来の生き方を考えていく意識を高める」というものでした。   興味深い申し出で、登壇を快諾しましたが、いざリアルに中学生の前でしゃべることを考えると、 真剣に向き合わなければいけないなと思い軽い緊張感が生まれました。   ちなみに僕が中学生の頃なんて将来のことなんて何も考えてなかったですよ。   逆に僕が中学生の頃にこんな授業受けたかったくらいです。   もし僕の一言が多感な時期の少年たちの小さ

さよならアナログ手帳

さよならアナログ手帳
永年使い続けていた手帳とサヨナラです。     ようやく、i-padデビューしました。     今までも、あったらいいなとは思っていましたが、いまいち強い購買意欲は持てませんでした。   決め手になったのは、アップルペンシルの存在です。 デジタルペンをナメてましたよ。 もうこのレベルまで来てたんですね。   僕の仕事はデザインワークですので、どうしても大きなモニターサイズが必要です。 イラレやフォトショを使うときに、モニター画面が小さいと、ツールパレットが画面を占有して作業画面が小さくなり使えたもんじゃないんです。   つまり、i-padのモニターサイズでデザインワークはありえません。 (ちょっとした事ならできますけど、エクステリアとの図面を描いたり、グラフィックデザインの高いレベルのデザイン作業は向いて...

蒲郡市M様邸のブロック工事

蒲郡市M様邸のブロック工事
蒲郡市にてブロック工事をさせて頂きました。 と言いましても、ブロックを積む工事ではなく、 崩れそうな既設ブロックをカットして撤去処分し、 その上に新たに格子フェンスを設置いたしました。 上の3段のみ既設ブロックを撤去しました。 上から4段目以下は鉄心が入っていたのですが、なんと撤去した上3段には鉄心が入っていなかったのです。   昔は法律も緩かったのでしょうか。 そのせいか長い年月を経て崩れかけていました。   ブロック総とっかえもいいのですが、コストがとてつもなく高くなります。 新しく設置するだけではなく、今回のように削って撤去処分しブロック天端を綺麗にモルタル補修して解決することもあります。 現場を見させて頂き、ご予算も考慮させていただいた上で最適解の施工内容を探っていくのもエクステリアプランナーの仕事です。   お施主様には大変ご満足いただき、嬉しい限りです♪  

GoTo小豆島

GoTo小豆島
先日、久しぶりに家族旅行で瀬戸内海の小豆島(しょうどしま)へ行ってきました。   土日も働いてしまう夫婦のせいで、夏もどこにも連れて行ってあげられなかった小5の娘の為に。 もちろん自分の癒しの為にもですよ。     行き先は初めての瀬戸内海。     出発前にモチベーションあげよう! ということで、小豆島が舞台の不朽の名作の映画「二十四の瞳」や、 香川県高松市庵治町が舞台の「世界の中心で、愛をさけぶ」を観て予習。   とても楽しい家族旅でした。     まずは、四国水族館へ。 そして、香川県高松市庵治町にありますホピ村アートランドにて素敵な人との出逢い。 いっぱい喋って、竹炭浴をさせて頂きました。   そして、ホピ村近くの 映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地めぐり。

金魚を描くアーティストたち

金魚を描くアーティストたち
地元の豊川市桜ヶ丘ミュージアムで 金魚美抄2020~金魚を描くアーティストたち~ というのを観てきました。 監修されているのは、深堀隆介さん。 今や美術界にてすっかり有名人ですね。 すごいです! なんと僕の大学時代の同期なんです。 同期と言いましても、大学キャンパス内で一度もしゃべった事もないんです。 愛知県立芸術大学というところで 深堀隆介さんは、美術学部のデザイン科 僕は美術学部の油画科なんです。 1学年で 音楽学部100人 美術学部100人 しかいない大学です。 僕の在籍していた油画科は1学年25人しかいなかったんです。 こんな少ないのに、4年も一緒のキャンパスにいて喋ったことないという(笑)     話しは変わりますが。。。。   他の大学のカラーはわからないのですが、うちの大学は変わっているのでしょうか。   「芸術表現をしたい!」と

法面緑化の外構

法面緑化の外構
おかげさまで蒲郡市M様邸の工事が無事に終わりました。   左官工事が終わり、法面に芝生を貼り終えて完成です。 樹木や、残っている土の箇所はグランドカバーを敷く等、お施主様がDIYされるご予定ですよ。 樹木の高さが出てくると、ぐっと庭が立体的になってきます。 法面緑化の外構完成です♪   今回の外構工事のポイントは、道路と玄関の高さまでの【高低差問題】の解決です。   土留めブロックを積んで、明確に段差を分けることはよくある手法ですが、 今回は、敷地の広さ、コスト、美しさ等を考慮して【法面緑化】を採用させて頂きました。   【緑化】の最大のメリットは、やはり「美と癒しの効果」です。 そして、左官工事だけですと、歳月と共に汚れや劣化がありますので 施工直後が美のピークですが、【緑化】は歳月とともに美しくなっていきます。   ということで、これからが楽しみです♪ ...

蒲郡市のM様邸進行中

蒲郡市のM様邸進行中
蒲郡市のM様邸の新築外構工事が進行中です。 今回の案件は法面が課題です。 道路の高さと家屋との高低差があるのです。   高低差の解消としてブロックで土留めするというやり方はよく見ますが、 今回は【法面緑化】を採用しました。   外構設計において、高低差の問題は1つの課題です。 ・生活のしやすさ(機能性) ・安全性 ・コスト問題 ・美しさ   お施主様にヒアリングをさせて頂きながら最適解を探ります。          ...