2018.12月号_暮らしはアート

2018.12月号_暮らしはアート
kazuma 暮らしを楽しむ   「暮らしを楽しむ」とはどういうことでしょうか?   毎日何か特別に刺激的な楽しい事が起きたら良いのですが、現実の生活では、なかなかそうはいきません。 仕事、家事、子育ての忙しい毎日。同じように見える日常の繰り返しが多いのではないのでしょうか? 逆に毎日エキサイティングな事が起きたら疲れてヘトヘトですけどね(笑)   僕が思う「暮らしを楽しむ」とは、「日々の何気ない暮らしを楽しむ」という事です。 日常のささやかな出来事にこそ、最大の幸福があるんじゃないか、という仮説を立てました。 今の僕自身の日々の暮らしは、その仮説を検証している日々とも言えます。   暮らしを楽しむ為には工夫が必要です。ボーっとした意識では何も小さな感動をキャッチできないと思うのです。 それは物事の解釈の仕方、意識、脳の使い方を学ぶことに根本的な解決があると思うのですが、 それは僕がまだ

2018.11月号_暮らしはアート

2018.11月号_暮らしはアート
kazuma 生きること   誰もが一度や二度、いや何度か考えた事があると思うのです。 「何のために自分は生きてるの?」 僕が最初に、深く「生きること」について考えたのは、父親が亡くなった時でした。 五十七歳で亡くなりました。 団塊の世代であり、仕事で海外出張の多い父親でした。 中国の北京に滞在中に突然倒れたのです。心不全でした。 当時僕は実家から離れ、瀬戸市で社員寮生活をしていました。 勤務中に母親から職場に電話があり、震える声で亡くなった事を告げられました。 翌日、父親の会社の方と一緒に北京へ飛び、父親の遺体を引き取りに行きました。 そして実感の無いまま、黒い柩と一緒に帰国しました。 父親は本当に立派な人間でした。頑固者でしたが決して逃げることをせず優秀で博学な人でした。 僕は子供の頃、大人は皆こんなふうになれるんだと思っていましたが、なかなかあそこまでの立派な大人には出会えません。 僕自身も中年になりましたが、

野外イベント「縁en」もうすぐ!

野外イベント「縁en」もうすぐ!
「縁en」もうすぐです。   実行委員をさせて頂いています、豊川稲荷の境内で行われる野外イベント「縁en」   今回で、7回目の開催となります。 半年に1度開催しておりますこのイベント、 おかげさまで、毎回大盛況です。   カズマデザインも実行委員もやりながら、出店もさせて頂いてますよ。 イベント当日は、外構相談や、グラフィックデザインのご相談、また手作り看板のご依頼など、受け付けております。 お稲荷さんへ、ご参拝がてら、遊びに来てくださいませ! お待ちしております!   縁en 公式ホームページ  

暮らしはアート 10月号

暮らしはアート  10月号
kazuma DIYの喜び DIYの言葉の意味をご存知でしょうか? 英語のDo It Yourself.の略語で、「自身でやる」という意味で、素人が何かを自分で作ったり修繕したりすることです。 僕は、DIYを趣味で十年以上続けています。 もともと美大出身という事もあり、工作は好きではあったのですが、ここまでDIYにはまるとは、自分でも驚きです。 はまるキッカケは明確にあります。 一台の電動工具を買ったことから始まりました。 ドイツのボッシュ社製の電動ドリルです。   当時、テレビボードを作ろうと思ったのですが、釘とボンドで組み立てるよりも、ビスでとめた方が「楽なのではないか?」と思ったのです。 この「楽なのではないか?」がとてもポイントです。 予想通りでした。劇的に楽チンなのです。釘&ボンドどめに比べて、失敗してもやり直しが簡単。ボンドの乾燥を待たなくていいので、せっかちな僕の気質にぴったりでした。 簡単でスピーディーな

暮らしはアート 9月号

暮らしはアート 9月号
毎月夫婦で発行しています、月刊「暮らしはアート」9月号です。 宜しくお願い致します♪     kazuma 自然との共存 先日、家族で新城市四谷の千枚田へ行って来ました。なんとも美しく壮大な麓に広がる棚田。日本人の心の故郷のようです。ここに来たのは二回目。来るたびに思い出す事があります。 それは、ジブリ映画の「おもひでぽろぽろ」。 1991年に公開されたアニメ映画です。その中にこんなセリフがありました。   (以下セリフ抜粋) 都会の人は森や林や水の流れなんか見で すぐ自然だ自然だって ありがたがるでしょう でも ま 山奥はともかぐ 田舎の景色ってやつは みんな人間がつくったもんなんですよ (一部省略) 人間が自然と闘ったり 自然からいろんなものをもらったりして 暮らしているうぢに うまいこと出来上がってきた景色なんですよ (以上、抜粋終わり) 皆さん感じ方はそれぞれだ

安倍総理が訪問された保育所

安倍総理が訪問された保育所
つい先日の8月30日の事です。 以前、カズマデザインで外構施工させて頂きました、企業内保育所の園庭に、安倍総理が視察されました。 その企業とは、愛知県瀬戸市の富士特殊紙業株式会社(フジトク)様です。 先進的印刷技術と働き方改革取り組み企業の視察としてみえました。 30分足らずのご滞在予定の為、本社工場の視察のみ行う予定だったそうですが、安倍総理の肝いりで女性活躍推進事業の一環である「企業主導型保育事業」としてスタートした保育所の見学は絶対に欠かせないと判断し、首相官邸、経済産業省と掛け合い訪問が実現したそうです。 保育所では、総理自ら子どもたちと触れ合う時間が取れ大変満足されていたそうです。     本日、園庭作りのご依頼を頂きましたフジトク様より、ご連絡を頂き、びっくりしました。 「総理が訪問された保育所」作りのメンバーの一人として、こんな光栄なことはありません。 改めて、園庭作りにお声をかけて頂いたフジトク様はもちろんの事、関係者の...

しあわせの庭_呼び名の由来

しあわせの庭_呼び名の由来
先日、園庭を作らせて頂きました瀬戸市の会社様の所へ、打ち合わせに行って来ました。 最近、僕から送信したメールが受信できなかったのですが、原因を教えてくれました。 どうやら、僕のメルアドに「しあわせの(shiawaseno)」とつくので、宗教関係のメールとコンピュータが勝手に認識して、スパムメールとして、受信できなかったようなのです。 こんな事ってあるんですね。 今は、僕のメールは受信できるようにして頂いていますよ。 「しあわせの・・・」とつくと、宗教関係者だと思われるという事にびっくり。 どういうことだろう? 幸福の科学とか、そういうことなのかな?   ちなみに、僕自身は宗教とは何の関係もございません。 誰かに迷惑をかけないかぎり、他人様が何を信仰していても自由だと思っています。 過去の僕自身の宗教観を書いている記事です。 http://kazumadesign.com/日本の宗教観って?/     いい機会ですので