雨水タンク

雨水タンク
雨水タンクの設置をさせて頂きました。 樹脂製が主流ですが、こだわって天然木の樽です。 本物の素材は、風合いがあって良いですね。 土台を石とコンクリで作って、その上に設置。 一緒に、 ホースハンガーを設置するための枕木と、 植物を這わせるための、木製の講師フェンスを設置しました。 メンテナンスフリーの素材を選ばれる方が多い中、天然素材にこだわられました。 やっぱり、天然素材はいいですね♪  ...

ポストとインターホン

ポストとインターホン
豊橋市のA様邸にて、ポストとインターホンの設置工事をさせて頂きました。   古いポストは、受け取り口の蓋が破損し、内蔵されているインターホンは故障しておりました。 このインターホン内蔵型の旧ポストは廃盤のため、新品のポストとカメラ付きのインターホンを設置させて頂きました。   門袖に設置されているインターホンの子機が作動せず、調べてみると、地中に埋設されている配線がとぎれていました。 途切らせることなく、新しく埋設し直して問題解決です。     全体の外構プランだけではなく、こういったインターホンやポストだけの工事も承っておりますので、 ご遠慮なくご相談ください。         ...

天然木のパーゴラ&デッキ

天然木のパーゴラ&デッキ
新城市のM様邸にて、造園のお手入れに引き続きまして パーゴラ&デッキの施工をさせて頂きました。   デッキの今の主流は、デッキは人工木(樹脂50%+木粉50%を練り混ぜたもの)で、 パーゴラはアルミ製品が多いのですが、 あえて、メンテナンスフリーの耐久性のある人工木やアルミ製ではなく、 風合いのある天然木を、選ばれました。   確かに、メンテナンスフリーの素材は、長持ちして楽ですが 木のぬくもり感は格別です。   「経年変化の美」というものを大切にされるお施主様でした。     メンテナンスフリー素材か、天然の風合いか。。。。 どちらが良い悪いというわけではありません。 それぞれ、メリットとデメリットがありますので 皆様それぞれの価値観に合ったものを、選ばれれば良いと思います。 https://kazumadesign.com/ウッドデッキについて/ ...

2018.12月号_暮らしはアート

2018.12月号_暮らしはアート
kazuma 暮らしを楽しむ   「暮らしを楽しむ」とはどういうことでしょうか?   毎日何か特別に刺激的な楽しい事が起きたら良いのですが、現実の生活では、なかなかそうはいきません。 仕事、家事、子育ての忙しい毎日。同じように見える日常の繰り返しが多いのではないのでしょうか? 逆に毎日エキサイティングな事が起きたら疲れてヘトヘトですけどね(笑)   僕が思う「暮らしを楽しむ」とは、「日々の何気ない暮らしを楽しむ」という事です。 日常のささやかな出来事にこそ、最大の幸福があるんじゃないか、という仮説を立てました。 今の僕自身の日々の暮らしは、その仮説を検証している日々とも言えます。   暮らしを楽しむ為には工夫が必要です。ボーっとした意識では何も小さな感動をキャッチできないと思うのです。 それは物事の解釈の仕方、意識、脳の使い方を学ぶことに根本的な解決があると思うのですが、 それは僕がまだ

造園のお手入れ

造園のお手入れ
新城市のM様邸にて、造園のお手入れをさせて頂いております。 素敵な広いお庭です。   あえて、区切ることをしない自然の風合いを生かしたお庭。   できるだけ、天然素材をつかってナチュラル感を大切にされてます。 ウッドフェンス、物置小屋、パーゴラ&デッキ等、すべて、あえて木製。 経年劣化していくのはご承知の上での事です。 経年劣化ではなく、「経年変化の美」と捉えることができる お施主様の美意識の高さを感じます。   この後、 役目を終えた、木製のパーゴラ&ウッドデッキを解体撤去して 新しく、同じ形状のパーゴラ&ウッドデッキを、天然木で施工させて頂きます。 この三角のパーゴラは特殊な形状ですが、問題ありません。 木工の素晴らしさですね。   一般的なアルミ製品ですと、こういう形状は難しいですね。 基本的にアルミメーカーの製品は、一部加工はできますが、それを組み立てる...

我が家のガーデンシェッド

我が家のガーデンシェッド
地味に着々と進行しています、我が家のガーデンシェッド。 外壁のペンキを塗って、床板(フローリング)を貼りました。 完成が見えてきましたよ♪ 今後の工程は。。。 (1)電気工事(室内灯、外灯、コンセント、スイッチ) (2)正面扉(まだデザインすらノープランです) (3)入り口の踏み台ステップ 正面扉は顔になるので、デザイン重要ですね。 アイデア、降りてこーい(笑) ...

我が家のガーデンシェッド作り

我が家のガーデンシェッド作り
我が家のガーデンシェッド。 ゆっくりですが、着々とDIY進行してます。 こだわった外壁の鎧張りのコーナー処理も、なんとか形になりました。 残りの作業は (1)床板を貼る (2)塗装(外壁も内壁も) (3)電気工事(室内灯、外灯、コンセント、スイッチ) (4)正面扉(まだデザインすらノープラン) (5)入り口の踏み台ステップ といった所でしょうか。 大好きな事は、日々気がついたら段取りや完成イメージを脳内シミュレーションしていて、それはそれで楽しい時間ですね♪ ...

生け垣のお手入れ&目隠しフェンス

生け垣のお手入れ&目隠しフェンス
豊川市のY様邸にて、生け垣のお手入れと、目隠しフェンスの施工をやらせて頂きました。   生け垣も、ここまで背が高くなると、自分でお手入れが大変になります。 そんな時は、遠慮なくプロにご相談ください。   そして、目隠しフェンス。 1.8mの高さで、距離は8mあります。 メンテナンスフリーの人工木フェンスです。 このフェンス、とてもコスパがいいのです! 目隠しフェンスは、目隠しという機能性だけでなく、美的にお庭の見栄えもよくなります。   完成して、すっきりと美しくなりました♪   施工前   施工後  

リフォーム外構 完成

リフォーム外構  完成
連日の雨で工期がのびのびになっていた、豊川市のW様邸のリフォーム外構工事が無事に終わりました。   既設デッキの前に庭スペースを作り、既存の庭を駐車スペースにしました。 サイクルポートを新築して、既存のカーポートを移設しました。   新築に住み始めて何年もすると、ライフスタイルが定まってきて、外構をもっとこうしたいという事がみえてきます。 新築外構はリフォーム外構と違って、既存の生かせるところは生かして、まず壊すことから始まります。 そして新たに造作していきます。 破壊と創造です。   そして、今回はEVコンセントの設置をさせて頂きました。 今は、まだまだガソリン車が多い世の中ですが、こういったハイブリット車、電気自動車のための充電コンセントの設置は多くなっていくのではないでしょうか。   新たに作ったお庭スペースは、サバ土の状態でお引き渡しです。 ここは緑ゆたかな植栽で、癒しの空間に...

造園お手入れ

造園お手入れ
約1年前に、外構工事をさせて頂きました豊川市のA様邸。 造園のお手入れをさせて頂きました。 1年で元気に伸びたグランドカバーもすっきりカット。 樹木も剪定し整え、爽やかな植栽に戻りました。 植物のお手入れは、普段はご自身でやって頂いて、時々プロのハサミを入れるのをお勧めします。 とくに、刈り込みはできても、樹木の剪定は素人には、美しく仕上げるのは難しいのです。 どこに、植物のお手入れを頼んだらいいか分からず、お困りの方。 ぜひ、カズマデザインにご相談ください。        ...