2019.11月号-暮らしはアート

2019.11月号-暮らしはアート
kazuma   リレーションシップ   リレーションシップ、英語表記でrelationship。 「関係」「結びつき」「関連性」「人間関係」といった意味になると思います。   「我々人間は一人では生きていけない」 昔から先人から言われ続けられている言葉ですが、僕自身今まで深く考えて来なかった気がします。   我々は社会性をもった生き物です。 多くの人の手を借りて今の暮らしが成り立っています。 衣食住すべて。   そして「生きよう!」という元気も人間関係の中から強くなったり弱くなったり。   何か大きな事を成した人というのは、リレーションシップを磨いて高めた人とも言えます。   若い頃は学校生活、そして大人になって会社等で、 好むと好まざるとに関わらず集団の中で人間関係を構築していかなくては生きていけません。   い

NewグラフィックデザインHP

NewグラフィックデザインHP
カズマデザインのホームページが一部リニューアルされました。 カズマデザインの事業は2種類あります。 ちょっと変わったデザイン事務所です(笑) https://kazumadesign.com エクステリア部門(しあわせの庭) と グラフィックデザイン部門(カズマグラフィック) です。 現在のカズマデザインのホームページは、エクステリア部門を主体としたレイアウト構成で、 グラフィックデザインの内容が目立たない作りでした。 そこで グラフィックデザイン部門のホームページを新規に作り カズマデザインのホームページからリンクで飛ぶようにしました。 今回はお披露目です。 こちらです↓ https://kazumadesign.com/graphic/ そうぞ、グラフィックデザインの方も宜しくお願い致します。 ご質問等がございましたら、 お問い合わせフォームからご遠慮なくご相談くださいませ。 お問い合わせフォーム

天然ウッドフェンス工事

天然ウッドフェンス工事
豊川市のT様邸にて、ウッドフェンス工事が無事に終わりました。   19年程たってだいぶ痛んでいたウッドフェンス。   今では、ほとんどの方がメンテナンスフリーのアルミ製や、樹脂製、人工木(樹脂×木粉)の素材を選ばれる事が多いのですが、メンテナンス性よりも、ぬくもり感、風合い、経年変化の美に価値を感じられるお施主様でした。 とても素敵な感性だと思います。     このタイルテラスに目隠しフェンスが復活したことにより、 ご家族でアルフレスコダイニング(お庭で食事)を楽しむ事ができますよ。     ヨーロッパ人は人目を気にせず、お庭で食事ができるかもしれませんが、 我々日本人はシャイな国民性です。   おしゃれな目隠しフェンスはとても重要ですよ。     お庭時間が楽しい 心地の良い秋の風がそこまできています♪ ...

2019.8月号-暮らしはアート

2019.8月号-暮らしはアート
kazuma   何のための運動?   10年以上ぶりにテニスを再開しました。   週一ペースでプレイしています。 仕事がらパソコンをにらめっことなり、運動不足でした。 久しぶりに始めたテニス。 特に脚力、そしてスタミナ、ラケットを振るスウィングスピードも落ちていました。   しかし、やはり面白いですテニスは。 見るよりもプレイする方が断然楽しいのです。     今の季節は日中は暑いので、ナイターテニスです。 日中は何もしなくても滝のように汗の流れる猛暑。 ナイターテニスなら問題ありません。 もちろん大量の汗が出ますが、とても爽やかな気持ちになるのです。     若い頃はパワーとスピードにものを言わせた豪快なテニスができましたが、この歳になるとそうはいきません。 若い頃と比べて年々体力は落ちていくのは自

2019.7月号-暮らしはアート

2019.7月号-暮らしはアート
kazuma   この国の未来   僕は20代前半、1996年に1年間ドイツに滞在していました。 ドイツで暮らし始めた時にトルコ人の多さに驚いたものです。 1996年当時、僕は歴史的背景も不勉強で知らなかったのです。   同じ敗戦国の日本とドイツ。そして経済大国になった両国。 戦後、敗戦により弱まった国力を回復するためにドイツは移民(外国人)の労働力を利用しました。 積極的に移民を受け入れたのです。   ところが島国の日本はそうではなく、人口の増加と、技術革新による生産性の向上で驚異の経済成長を遂げました。 もちろん、早く経済を回復させて自国に貢がせたい戦勝国アメリカのテコ入れもあったと思うのですが。   そんな経済的に豊かになった日本。   今度は違う深刻な問題を抱えています。   1年ごとに労働人口が50万人ずつ減っている...

S様邸のリフォーム外構完成♪

S様邸のリフォーム外構完成♪
新城市のS様邸のリフォーム外構が完成しました。   新城市の工務店さん 株式会社 安形さんとのコラボレーション(共同制作)です。 http://www.agaken.jp 地元の木材を使用する、とても親切丁寧な工務店さんですよ♪ お家を建てるご相談はぜひどうぞ!   カズマデザインは、全体のイメージプランと石のアプローチと植栽工事をやらせて頂きました。     リフォーム外構の内容は 駐車スペースの一部を削って、お庭空間を広げたい といった内容です。 プライベートガーデンとして、道路からの視界をさえぎるための目隠しフェンス。 ヨドコウの物置の無機質な存在感をぬくもり感のあるものへと、天然板のカバー。 家庭菜園用の枕木。 植栽空間はあえて仕切らずにナチュラルな雰囲気に。 奥のデッキまで続くアプローチを、乱張り天然石にして川にみたてて物語感を演出。 数多くあっ

タイル壁&フェンス

タイル壁&フェンス
豊橋市のT様邸にて、タイル壁&フェンスの外構工事をさせて頂きました。   お部屋から見える、外空間におしゃれなタイル壁が欲しい、というご要望にお応えして このような仕上がりになりました。   フェンスは、メンテナンスフリーの樹脂フェンスです。   タイルの色とフェンスのグリーン色がいい感じに似合っていますね♪ よかった♪         施工スタート        ...

新城市の造園お手入れ

新城市の造園お手入れ
新城市のS様邸造園お手入れをさせて頂きました。 親しくさせて頂いています工務店様とのコラボ造園工事です♪ 今回はカズマデザインは造園のお手入れのみでしたが、近日中に天然石のアプローチとグランドカバー、低木、下草、家庭菜園スペース等の工事が控えています。 完成がとても楽しみです♪     ...

リフォーム外構の完成

リフォーム外構の完成
蒲郡市のA様邸のリフォーム外構工事が完成しました。 駐車スペースを広く確保することが目的の一つでした。 既存の庭部分の面積を削って駐車スペースにしました。 それでも十分なガーデン面積が確保できるほどの広い敷地です。 外構工事は新規外構よりも、リフォーム外構の方が工事が大きくなります。 なぜなら、「作る」前に「壊す」工程が必要になるからです。 破壊と創造です。 カズマデザインの工事はここまでで終了ですが、これは始まりに過ぎません。 お施主様自らこれから、造園を楽しまれながら緑が増えていくことと思います。 現に左官工事がまだ終わらないうちから、お施主様自ら樹木やグランドカバーを植え、造園活動をされていかれるのを見て、とても安心しました、確実に緑豊かな癒しの空間になっていくと♪ とても素敵なお施主さまです。 僕の考える外構&お庭というのは、「ただ作って外から眺めるだけ」ではなく、家族全員で使って楽しむという積極的行動をする「場」にしたいという強い想いがあります。 外構空間を...

2018.12月号_暮らしはアート

2018.12月号_暮らしはアート
kazuma 暮らしを楽しむ   「暮らしを楽しむ」とはどういうことでしょうか?   毎日何か特別に刺激的な楽しい事が起きたら良いのですが、現実の生活では、なかなかそうはいきません。 仕事、家事、子育ての忙しい毎日。同じように見える日常の繰り返しが多いのではないのでしょうか? 逆に毎日エキサイティングな事が起きたら疲れてヘトヘトですけどね(笑)   僕が思う「暮らしを楽しむ」とは、「日々の何気ない暮らしを楽しむ」という事です。 日常のささやかな出来事にこそ、最大の幸福があるんじゃないか、という仮説を立てました。 今の僕自身の日々の暮らしは、その仮説を検証している日々とも言えます。   暮らしを楽しむ為には工夫が必要です。ボーっとした意識では何も小さな感動をキャッチできないと思うのです。 それは物事の解釈の仕方、意識、脳の使い方を学ぶことに根本的な解決があると思うのですが、 それは僕がまだ