天然木のパーゴラ&デッキ

天然木のパーゴラ&デッキ
新城市のM様邸にて、造園のお手入れに引き続きまして パーゴラ&デッキの施工をさせて頂きました。   デッキの今の主流は、デッキは人工木(樹脂50%+木粉50%を練り混ぜたもの)で、 パーゴラはアルミ製品が多いのですが、 あえて、メンテナンスフリーの耐久性のある人工木やアルミ製ではなく、 風合いのある天然木を、選ばれました。   確かに、メンテナンスフリーの素材は、長持ちして楽ですが 木のぬくもり感は格別です。   「経年変化の美」というものを大切にされるお施主様でした。     メンテナンスフリー素材か、天然の風合いか。。。。 どちらが良い悪いというわけではありません。 それぞれ、メリットとデメリットがありますので 皆様それぞれの価値観に合ったものを、選ばれれば良いと思います。 https://kazumadesign.com/ウッドデッキについて/ ...

2018.12月号_暮らしはアート

2018.12月号_暮らしはアート
kazuma 暮らしを楽しむ   「暮らしを楽しむ」とはどういうことでしょうか?   毎日何か特別に刺激的な楽しい事が起きたら良いのですが、現実の生活では、なかなかそうはいきません。 仕事、家事、子育ての忙しい毎日。同じように見える日常の繰り返しが多いのではないのでしょうか? 逆に毎日エキサイティングな事が起きたら疲れてヘトヘトですけどね(笑)   僕が思う「暮らしを楽しむ」とは、「日々の何気ない暮らしを楽しむ」という事です。 日常のささやかな出来事にこそ、最大の幸福があるんじゃないか、という仮説を立てました。 今の僕自身の日々の暮らしは、その仮説を検証している日々とも言えます。   暮らしを楽しむ為には工夫が必要です。ボーっとした意識では何も小さな感動をキャッチできないと思うのです。 それは物事の解釈の仕方、意識、脳の使い方を学ぶことに根本的な解決があると思うのですが、 それは僕がまだ

我が家のガーデンシェッド作り

我が家のガーデンシェッド作り
我が家のガーデンシェッド。 ゆっくりですが、着々とDIY進行してます。 こだわった外壁の鎧張りのコーナー処理も、なんとか形になりました。 残りの作業は (1)床板を貼る (2)塗装(外壁も内壁も) (3)電気工事(室内灯、外灯、コンセント、スイッチ) (4)正面扉(まだデザインすらノープラン) (5)入り口の踏み台ステップ といった所でしょうか。 大好きな事は、日々気がついたら段取りや完成イメージを脳内シミュレーションしていて、それはそれで楽しい時間ですね♪ ...

リフォーム外構 完成

リフォーム外構  完成
連日の雨で工期がのびのびになっていた、豊川市のW様邸のリフォーム外構工事が無事に終わりました。   既設デッキの前に庭スペースを作り、既存の庭を駐車スペースにしました。 サイクルポートを新築して、既存のカーポートを移設しました。   新築に住み始めて何年もすると、ライフスタイルが定まってきて、外構をもっとこうしたいという事がみえてきます。 新築外構はリフォーム外構と違って、既存の生かせるところは生かして、まず壊すことから始まります。 そして新たに造作していきます。 破壊と創造です。   そして、今回はEVコンセントの設置をさせて頂きました。 今は、まだまだガソリン車が多い世の中ですが、こういったハイブリット車、電気自動車のための充電コンセントの設置は多くなっていくのではないでしょうか。   新たに作ったお庭スペースは、サバ土の状態でお引き渡しです。 ここは緑ゆたかな植栽で、癒しの空間に...

リフォーム外構工事

リフォーム外構工事
豊川市のW様邸のリフォーム外構工事。   連日の雨で、お幅に予定が遅れていますが 工事そのものは、着々と順調に進行しています。   土間コンも打ち終わり、どんどん形になっていく楽しい段階に入りました。 完成が楽しみです♪ ...

暮らしはアート 10月号

暮らしはアート  10月号
kazuma DIYの喜び DIYの言葉の意味をご存知でしょうか? 英語のDo It Yourself.の略語で、「自身でやる」という意味で、素人が何かを自分で作ったり修繕したりすることです。 僕は、DIYを趣味で十年以上続けています。 もともと美大出身という事もあり、工作は好きではあったのですが、ここまでDIYにはまるとは、自分でも驚きです。 はまるキッカケは明確にあります。 一台の電動工具を買ったことから始まりました。 ドイツのボッシュ社製の電動ドリルです。   当時、テレビボードを作ろうと思ったのですが、釘とボンドで組み立てるよりも、ビスでとめた方が「楽なのではないか?」と思ったのです。 この「楽なのではないか?」がとてもポイントです。 予想通りでした。劇的に楽チンなのです。釘&ボンドどめに比べて、失敗してもやり直しが簡単。ボンドの乾燥を待たなくていいので、せっかちな僕の気質にぴったりでした。 簡単でスピーディーな

園庭にバリケード

園庭にバリケード
以前、外構工事をさせて頂きました、瀬戸市の事業所内の託児所に、門扉とフェンスを施工させて頂きました。 https://kazumadesign.com/総理が訪問された保育所/ 子供たちが園庭で遊んでいる時に、アプローチ部分に回り込まれてしまうと、 保育士さんたちから死角となって、園庭の外に出ていってしまう危険性があり、 それを回避するためのバリケードです。 子供たちの安全のために、大人たちが1つ1つ工夫することは大切なことですね。  ...

暮らしはアート 9月号

暮らしはアート 9月号
毎月夫婦で発行しています、月刊「暮らしはアート」9月号です。 宜しくお願い致します♪     kazuma 自然との共存 先日、家族で新城市四谷の千枚田へ行って来ました。なんとも美しく壮大な麓に広がる棚田。日本人の心の故郷のようです。ここに来たのは二回目。来るたびに思い出す事があります。 それは、ジブリ映画の「おもひでぽろぽろ」。 1991年に公開されたアニメ映画です。その中にこんなセリフがありました。   (以下セリフ抜粋) 都会の人は森や林や水の流れなんか見で すぐ自然だ自然だって ありがたがるでしょう でも ま 山奥はともかぐ 田舎の景色ってやつは みんな人間がつくったもんなんですよ (一部省略) 人間が自然と闘ったり 自然からいろんなものをもらったりして 暮らしているうぢに うまいこと出来上がってきた景色なんですよ (以上、抜粋終わり) 皆さん感じ方はそれぞれだ